インテルメッツォ

クレールウインドオーケストラ第20回記念定期演奏会
曲目紹介に代えて その4
―前回は、文化というものの一面について触れられていました。今回は、どのような話となるのでしょうか。それでは、どうぞ!
「4曲目は…いんてる…?」
「“インテルメッツォ”ですな。音楽で使う言葉で、間奏曲という意味でございます。」
「うぬぬ、異国の言葉はどうも発音が難しいのう。」
「某もそう思います。しかし、曲を作ったり文章を書いたりするのはもっと難しいようで。」
「ほう。そういうものなのか。」
「ある人は…作品とは往々にして作る途中で別の方向に一人歩きしてしまうものだ。駄作を書こうと思っているものなど一人もいないはずなのに…と苦悩を語ったと言われております。」
「そうか。そういえば、お主も色々と書いているようではないか。」
「姫様…なぜそれを。」
「妾の情報網を甘く見るな。まあ、おかげで妾の活躍が後の世でも語られそうではあるがの。」
「恐れ入りました、姫様。それでは、次に参りましょう。」
[PR]
by isseiy2k | 2017-06-09 17:50 | 演奏会