ついに今週末です。

クレールウインドオーケストラ第18回定期演奏会会場:十和田市民文化センター大ホール日時:5月23日(土)開場:17時30分 開演:18時入場料:当日700円(前売り500円)※未就学児無料・母子室有、全席自由チケットたくさんあります!連絡下さい!

―注文の多い喫茶店―

4人のユーフォニアム吹きが、楽器をかついで、街中を歩いていました。

「どうも喉が渇いた。さっきから横っ腹が痛くてたまらないんだ。」

「ぼくもそうだ。もうあんまり歩きたくないな。」

「ああ困ったなあ。」

「何か飲みたいなあ。」

その時ふと後ろを見ますと、立派な一軒の西洋作りの家がありました。

そして玄関には、ユーフォニアム喫茶 山○軒という札が出ていました。

「どなたもどうかお入りください。決してご遠慮はありません。」

4人が中に入ると、恰幅のいい店主が出迎えてくれました。

4人が思い思いに注文し、十分に喉を潤したころ、店主がこう切り出しました。

「当店では、お客様にユーフォニアムの生演奏をお届けしたいと思っています。曲選びの参考にしたいので、どうか、皆さんで吹いてみていただけませんか。」

4人は、快く引き受けることにしました。

すると店主は、いくつかの楽譜を取り出しました。

「まずはこちらからやってみましょう。」

表紙には、こう書いてありました。

『きらきら星』

「ああ、みんなが知っている曲ですね。」

「色々な楽器のために編曲されているね。」

「これならすぐに吹けるなあ。」

「お安い御用です。」

他にも何曲か、4人で演奏してみました。すると、店主が店の奥からさらに楽譜を持ってきました。

「さすがに皆さんお上手ですねえ。それなら、こちらの曲もいけるでしょう。」

『パワー』

「おや、急に難しくなったなあ。」

「うん、曲名はパワーだけれど、スピードも求められるなあ。」

「チューバのパートをユーフォニアムで吹くのはたいへんだなあ。」

「何とかなるさ。」

『ウィズ・ハート・アンド・ヴォイス』

「どうもおかしいぜ。」

「これはもともと吹奏楽編成のための曲のはず。」

「いくら聖歌のメロディーを基にしているとはいえ、われわれ4人では難しいと思う。」

「あの店主、まさか…ぼくたちを…」

4人はがたがたがたがた、震えだしました。

曲はどんどん、難しくなっていきます。

『交響的序曲』

「うわあ」

がたがた がたがた。

『パントマイム』

「うわあ」

がたがた がたがた。

4人はあまりに吹きすぎたために、唇がまるでくしゃくしゃの紙くずのようになり、お互いにその顔を見合わせ、ぶるぶる震えてしまいました。

店主がこう言いました。

「皆さんお疲れのようですね。こちらにデザートを用意してあります。」

『フルーツ・パフェ』

…4人はもう、何も言えませんでした。

すべての曲を吹き終えて、4人は店を後にしました。

しかし、さっき紙くずのようになった4人の唇は、しばらくの間もとの通りにはなりませんでした。

おしまい


[PR]
# by isseiy2k | 2015-05-20 19:11 | Comments(1)

こんにちは!

今日は定期演奏会第1部の続きです。前回は1曲目まででした。ということで2曲目…

みなさん、セルゲイ・ラフマニノフはご存知ですか?
名前だけ出されても…っていう人も中にはいるかと思います。
そうすると…去年のソチ五輪の浅田真央さんを思い出してくださいといえば「あ~!」って
なる人も中にはいるかもしれませんね。
トリプルアクセルを美しく決めていたあの曲、「ピアノ協奏曲第2番第1楽章」なんですけれども、その曲を作曲したのがセルゲイ・ラフマニノフです。

クラシック愛好家の中でも人気は抜群だと思いますが、ラフマニノフの出身はというとチャイコフスキーやリムスキー=コルサコフなど他にもたくさんの有名な作曲家を輩出しているロシアです。
彼の作品の中にもこの2人の影響を受けている部分もあります。

幼少のころから音楽に長けていたラフマニノフはピアニストとしても有名です。
当時にしても?今にしてもこれはすごいなって思うのですが、ラフマニノフの体格は身長2mもある大柄な体型だったそうです。
そして、体も大きいながら、手も小指から親指を鍵盤にあてたとき、1オクターブ半の手の大きさがあったそうです。例とすれば、小指でドの音を押しながら、親指で1オクターブ半上のソの音が押せるってことです。すごいですよねほんと…。

というわけで、また、前説長くなってしまった。

セルゲイ・ラフマニノフの作品の中で私たちが今回演奏する曲は
「交響曲第2番ホ短調 第3楽章・第4楽章」
です。

もともとは第1楽章からなる4曲で構成されています。今回は第3楽章・第4楽章の1部を吹奏楽アレンジにしてお届けします。

まず、第3楽章はのびやかで温かい前奏で曲が始まり、その中からクラリネットのソロが生まれてきます。通常B♭管で吹奏楽は演奏しているクラリネットですが、今回はA管のクラリネットが登場してきます。(通常B♭管吹きの人の感覚からすると半音下の音域が出ます。ちなみにB♭管は67cmに対してA管は75cmだそうです。)
そのクラリネットのソロを次々と木管楽器がつないでいきます。緩やかに静かに3楽章を終えます。

そして4楽章。こちらは対照的に劇的な幕開けを迎えます。自分自身この曲を聴いててすこしドキドキする幕開けです。これから何が始まるんだろう…という感じです。一気に木管楽器の細かい旋律が駆け抜けていきます。細かい旋律の中にもゆるやかな旋律が絡み合うような感じです。
そして中間になると全体に華やかなテーマが展開されます。
曲は快活に進んでいきますが、第3楽章のような緩やかなメロディが木管楽器によって再度現れてきます。私はここの旋律大好きですね。引き込まれます。
そのメロディを包み込むように金管楽器がフィナーレに持っていきます。
最後は第4楽章の最初のように一気に細かい旋律が駆け抜け曲の終盤を迎えます。


みなさんがラフマニノフの甘くて美しいメロディのとりこになるように心を込めて演奏します。

それでは次は3曲目についてご紹介します。
3曲目のヒントは…たくさんの叩く楽器、パーカッションが出てきます。

それでは、また!

本日もクレブロにお立ち寄りいただきありがとうございます★

TPみく
[PR]
# by isseiy2k | 2015-05-16 15:37 | 演奏会 | Comments(0)

こんにちわ。

しばらくおざなりにしてしまいました。大変失礼しました。

今日からは演奏会の内容について投稿していこうと思います。

まず、第1部の1曲目から!!

みなさん、、ジェイムズ・バーンズはご存知でしょうか?

ジェイムズ・バーンズは、アメリカ合衆国の作曲家であり、指揮者でもあります。
現在もアメリカにあるカンザス大学で教鞭をとられているとのことです。

私はこの方が作曲した“アルヴァマー序曲”を一度演奏したことがあるんです。メジャーな曲なので「私もやったことあるよ!」っていう人も中にはいると思います。

私個人的なバーンズさんの印象ですけれども、とても華やかな曲を作る人だなと思います。
華やかなファンファーレから始まって、陽気なメロディーで曲が流れ、中間では心地の良いゆったりとしたテーマが出てくる…と思ったらまた元気な曲になって、豪華にフィナーレを迎える、そんな曲が多いと思うんですよ。
簡単に言うと起承転結がはっきりとわかるというか。

そして、バーンズさん、金管楽器に重点を置くというか、多彩に使っているというか、とにかく金管楽器がメインになる曲が多いような気がします。

あ、あの、今まで述べたことはあくまでも私の意見ですので…あしからず(笑)

今回演奏する曲も、最初はトランペットとコルネットの8重奏に及ぶファンファーレから始まって、最後は金管楽器全体で盛り上げます。
体力かなり使います(笑)
だけど、決まったら本当にかっこいい曲です。

ということで前置きがとても長くなりましたが、第1部の1曲目はこのバーンズが作曲した、
「交響的序曲」
を演奏します。

この曲は世界トップレベルともいわれるアメリカ空軍ワシントン・バンドの創立50周年を祝うために委嘱された作品です。
「交響的序曲」は、1990年1月末一旦は完成した作品をバーンズ自身どうしても気に入ることができず破棄してしまったんだそうです。しかし、この「交響的序曲」のメロディーが思い浮かんだ瞬間、イメージが広がりわずか2週間でこの曲を完成させたそうです。

そんなバーンズをも魅了したこの曲を会場のみなさんもぜひお楽しみください。


さて…次は2曲目!それは今度の機会にご紹介します。
ヒントはソチ五輪とピアノ♪そして木管楽器の活躍♪


それではまた(*^_^*) TPみくでした♪

今日もクレブロにお立ち寄りくださいまして、ありがとうございます★
[PR]
# by isseiy2k | 2015-05-11 14:59 | 演奏会 | Comments(0)

こんばんは。

桜も開花して、春爛漫か?と思いきや、雨も強かったりして、寒い日が続いてます。

さて、今日は定期演奏会の入場チケットのお話をさせていただきます。

今年の定期演奏会は入場料が必要になります。

ホームページ見てくださってる方はお気付きのかもしれませんが、値段は
前売券が500円当日券は700円となっております。

断然、当日券買うよりも、前売券をご購入していただいた方がお得ですよ!

お近くのクレール団員がチケット持ってますので、ぜひご購入下さいね!
また定期演奏会の行われる十和田市民文化センターでもチケット販売してます。
そして、私昨日練習の時に見たんですが、特大サイズのポスターが貼ってあります!深緑の背景に大きな猫の目のついた一際でかーいポスターなんです。(なんで猫の目かは、またのお楽しみということで^_^)

多分見た人は「わぁ!でかい!」って絶対なるとも思うなー。
それぐらい大きくてインパクトのあるポスターになってます。
お立ち寄りの際は一度ご覧ください。

もちろんポスターとかチラシは十和田市民文化センター以外にもこれからたくさん展開していくので、皆さんぜひ見てみてくださいね!

ということで、次週は第1部のお話をしようと思います!

くれぐれもお体にはお気をつけてお過ごし下さいね。

本日もクレブロにお立ち寄りくださいまして、ありがとうございます(*^_^*)
[PR]
# by isseiy2k | 2015-04-20 20:08 | 演奏会 | Comments(0)