青森県吹奏楽コンクール 2017 
 第37回 中央地区大会 タイムテーブル
 三沢市公会堂
※時間は目安です。

大会1日目    7/8 (土)
☆午前の部
高等学校の部
1青森山田中学高等学校9:30~
2青森県立青森東高等学校9:45~
3青森県立三沢商業高等学校10:00~
4青森県立青森高等学校10:15~
5青森県立青森南高等学校10:30~
休憩12分
6青森県立青森商業高等学校10:57~
7青森県立七戸高等学校11:12~
8青森県立三本木高等学校11:27~
9青森県立田名部高等学校11:42~
10青森県立青森西高等学校11:57~
11青森県立大湊高等学校12:12~

表彰式<12:50~13:00>

☆午後の部
中学校合同の部
1青森市立泉川小学校 青森市立西中学校 13:12~
中学校小編成の部
1むつ市立大畑中学校13:21~
2三沢市立第一中学校13:30~
3むつ市立脇野沢中学校13:39~
4十和田市立第一中学校13:48~
5むつ市立大湊中学校13:57~
6むつ市立川内中学校14:06~
7十和田市立十和田中学校14:15~
8七戸町立七戸中学校14:24~
9佐井村立佐井中学校14:33~
休憩15分
10むつ市立関根中学校14:57~
11七戸町立天間林中学校15:06~
12むつ市立むつ中学校15:15~
13東北町立上北中学校15:24~
14大間町立奥戸中学校15:33~
15外ヶ浜町立三厩中学校15:42~
16六ケ所村立泊中学校15:51~
17おいらせ町立下田中学校16:00~
18東通村立東通中学校16:09~
休憩15分
19六戸町立七百中学校16:33~
20おいらせ町立百石中学校16:42~
21十和田市立東中学校16:51~
22むつ市立大平中学校17:00~
23東北町立東北中学校17:09~
24平内町立小湊中学校17:18~
25大間町立大間中学校17:27~
26横浜町立横浜中学校17:36~
27六ケ所村立第二中学校17:45~
閉会式〈18:24~〉


大会2日目    7/9 (日)
☆午前の部
高等学校小編成の部
1青森県立六戸高等学校9:30~
2青森県立十和田工業高等学校9:39~
3青森県立六カ所高等学校9:48~
4青森県立青森北高等学校9:57~
5青森県立大湊高等学校川内校舎10:06~
6青森県立三沢高等学校10:15~
7青森県立野辺地高等学校10:24~
8青森県立百石高等学校10:33~
9青森県立三本木農業高等学校10:42~
10青森県立青森工業高等学校10:51~
休憩15分
小学校の部
1むつ市立苫生小学校11:15~
2青森市立筒井南小学校11:24~
3青森市立新城中央小学校11:33~
4おいらせ町立木ノ下小学校11:42~
5十和田市立北園小学校11:51~
6むつ市立大平小学校12:00~
小学校合同の部
1七戸町立城南小学校
 七戸町立天間西小学校ブラスバンド部 12:09~
高等学校合同の部
1青森県立むつ工業
 青森県立大間高校 12:18~
表彰式<12:57~13:12> 15分

☆午後の部
中学校の部
1青森県立三本木高等学校附属中学校13:27~
2むつ市立田名部中学校13:42~
3青森市立新城中学校13:57~
4おいらせ町立木ノ下中学校14:12~
5十和田市立三本木中学校14:27~
6三沢市立第二中学校14:42~
7青森市立古川中学校14:57~
休憩12分
8野辺地町立野辺地中学校15:24~
9三沢市立第五中学校15:39~
10青森市立佃中学校15:54~
11青森市立筒井中学校16:09~
12三沢市立堀口中学校16:24~
13青森市立浪岡中学校16:39~
職場・一般の部
1青森吹奏楽団17:04~
2下北吹奏楽団17:19~
3クレールウインドオーケストラ17:34~
閉会式〈18:19~〉
[PR]
by isseiy2k | 2017-06-12 10:09 | コンクール関係 | Comments(0)

※皆様のおかげで、本投稿は無事にここまでまで続けることができました。それでは、ごゆっくりお楽しみください。
クレールウインドオーケストラ第20回記念定期演奏会
曲目紹介に代えて その5
―前回は、姫様の素晴らしい諜報能力について触れられていました。侍従どのの色々な作品が気になるところですが…それでは、どうぞ!
「5曲目は…“とすか”じゃな。」
「左様ですな。トスカは伊太利亜を舞台にしたオペラでございます。」
「おお、歌劇のことじゃな。それで、どのような内容なのじゃ。」
「あるところに、歌姫とその恋人である画家がおりました。画家の方が、そこに逃げ込んできた友人を匿うことになるのです。その友人を追うどこぞのお偉いさんが、画家を拷問にかけて居場所を探ろうとする、と。」
「ほう。それは大変じゃな。」
「恋人の歌姫にしてみればたまったものではありません。ついには画家の友人の居場所を白状してしまいます。しかし、欲にまみれたお偉いさんは、画家を解放する代わりに自分のものになれと歌姫に迫り、その返り討ちに遭ってしまう、と。」
「いつの世にもどうしようもない男はいるものだな。歌姫のなかなか勇ましいことよ。」
「ところが、見せ掛けで終わるはずの処刑が画家に対して本当に行われてしまい、追い詰められた歌姫は身投げをしてしまう…といった何とも悲劇的な話でございます。」
「うぬぬ。女子である妾としては身につまされるものがあるのう。何やら不安になってきたぞ…。」
「姫様の身にそのようなことが起きぬよう、某がお守りいたします。」
「おお、達よ。…よろしく頼むぞ。」
「承知しました、姫様。」
―何やら盛り上がっていますが、そろそろ終了の時間になります。
「しまった、肝心の曲について話をしておらぬではないか。これでは、父上に叱られてしまう…。」
「おそらく大丈夫でしょう、我が殿のことですから。“ウエスト・サイド・ストーリー”については、いつものように遊び人の振りをしながら宣伝して回っておられるかと。」
―それでは、姫様と侍従どのによるお話を、これにて終了いたします。本日は、ありがとうございました。
[PR]
by isseiy2k | 2017-06-09 17:51 | 演奏会 | Comments(0)

インテルメッツォ

クレールウインドオーケストラ第20回記念定期演奏会
曲目紹介に代えて その4
―前回は、文化というものの一面について触れられていました。今回は、どのような話となるのでしょうか。それでは、どうぞ!
「4曲目は…いんてる…?」
「“インテルメッツォ”ですな。音楽で使う言葉で、間奏曲という意味でございます。」
「うぬぬ、異国の言葉はどうも発音が難しいのう。」
「某もそう思います。しかし、曲を作ったり文章を書いたりするのはもっと難しいようで。」
「ほう。そういうものなのか。」
「ある人は…作品とは往々にして作る途中で別の方向に一人歩きしてしまうものだ。駄作を書こうと思っているものなど一人もいないはずなのに…と苦悩を語ったと言われております。」
「そうか。そういえば、お主も色々と書いているようではないか。」
「姫様…なぜそれを。」
「妾の情報網を甘く見るな。まあ、おかげで妾の活躍が後の世でも語られそうではあるがの。」
「恐れ入りました、姫様。それでは、次に参りましょう。」
[PR]
by isseiy2k | 2017-06-09 17:50 | 演奏会 | Comments(0)

シネマ・シメリック

クレールウインドオーケストラ第20回記念定期演奏会
曲目紹介に代えて その3
―前回は、侍従どのの意外な一面が見られる話でした。今回は、どのような話が出るのでしょうか。それでは、どうぞ!
「3曲目は…しねま・しめりっく?」
「“シネマ・シメリック”ですな。仏蘭西の言葉で、空想の映画といったような意味合いを持つようでございます。」
「おお、活動写真のことじゃな。この地ではあまり広まってはおらぬが…。」
「文化ができてゆくのには、長い時間がかかります。その上、平和な世の中でなければすぐに廃れてしまいます。」
「そうじゃな。まあ、我が父上の治世ならば大丈夫であろう。」
「後は、民の懐が豊かでなければ。今日の飯も食えぬとあっては、文化どころではありませぬ。」
「安心せよ、我が藩の財には余裕がある。それに、妾の目が黒い内はその財を捨てるような真似はさせぬ。」
「確かに姫様は財政を掌握しており、またそれを活かすことに長じておられます。しかし、この曲からはどうも波乱の空気を感じてなりませぬ…。」
「達よ、お主は心配性じゃな。最も、どのような時でも油断は禁物じゃ。」
「左様ですな、姫様。それでは、次に参りましょう。」
[PR]
by isseiy2k | 2017-06-09 17:49 | 演奏会 | Comments(0)

呪文と踊り

クレールウインドオーケストラ第20回記念定期演奏会
曲目紹介に代えて その2
―前回は乙女心が垣間見られる素敵なやりとりでした。その調子で行きましょう。それでは、どうぞ!
「2曲目は、“呪文と踊り”じゃな。」
「はい。これは異国の儀式の風景を描いた曲と言われております。」
「妾の身の回りであれば、密教かあるいは念仏といったところかのう。」
「ところで九麗流の地では、築城や寺院などの建立の際には何か行わないのですか。」
「確かに地鎮の儀を行うが、あまり派手な舞を奉納したりはせぬ。」
「左様ですか。かの地では、儀式の際にいけにえを捧げる場合もあるようでございます。」
「なかなか物騒じゃな。わが藩では、人柱などの風習はとっくに廃止しておる。」
「承知しております。それにわが殿は築城の達人でございます。」
「うむ。後は…そうじゃ、祭りの際は皆で踊ったりもするのう。」
「姫様の舞は大層美しゅうございます。」
「そう褒めるな。それにしても…この前の達の舞は傑作であったのう。」
「…姫様、それはどうか早々にお忘れください。それでは、次に参りましょう。」
[PR]
by isseiy2k | 2017-06-09 17:48 | 演奏会 | Comments(0)

原石の未来

クレールウインドオーケストラ第20回記念定期演奏会
曲目紹介に代えて その1
―本日は、九麗流藩よりスペシャルゲストをお招きしております。それでは、どうぞ!
「一曲目は“原石の未来”じゃな。」
「左様ですな。原石といえば、古より権力者の下で採掘され、宝石や装飾品として多くのものが世に送り出されております。」
「うむ。わが藩にも色々と収蔵されておるぞ。」
「そういえば、姫様のかんざしにも何か付けられておりますな。」
「これは父上から贈られた物でな。何でも金剛石を用いた代物との事じゃ。」
「おお、殿の贈り物ですか。流石に目の付け所が違いますな。」
「金剛石といえば、その硬さゆえに何者も傷を付けることができぬ。父上の話からすると、お守りということのようじゃ。」
「砕けぬ意思、ということですな。しかし、姫様のようなお方であれば特に心配など要らぬものかと…」
「達よ、妾とて一応女子である…それなりに憂いもあるのじゃぞ。」
「失礼いたしました、姫様。それでは、次に参りましょう。」
[PR]
by isseiy2k | 2017-06-09 17:48 | 演奏会 | Comments(0)

祝!20回

久しぶりの更新です。
私共クレールの定期演奏会がなんと、20回という節目を迎えました。
皆様に支えられながらの20回…(´;ω;`)
この場を借りて心からお礼申し上げます。

20回の記念演奏会ですので、内容も華々しくバババーン!!
頑張ります!!
ぜひ皆様、足をお運びください。


クレールウインドオーケストラ 第20回記念定期演奏会

◆日 時 平成29年6月10日(土) 17:30開場 18:00開演
※開演前にウェルカム演奏がございます。
◆会 場 十和田市民文化センター大ホール
※お車でお越しの際は,会場駐車場に限りがございますので、市民体育館駐車場(有料)などをご利用ください。
◆入場料 当日700円(前売500円)
※未就学児無料(母子室有ります)
※十和田市民文化センター・三沢市公会堂にて前売券を取り扱っております。
◆プログラム
1部  20th Anniversary
・原石の未来(清水大輔作曲)
・呪文と踊り(J.チャンス作曲)
・シネマ・シメリック(天野正道作曲)
・2017年度全日本吹奏楽コンクール課題曲Ⅲ「インテルメッツォ」(保科洋作曲)
・歌劇「トスカ」より(G.プッチーニ作曲/鈴木英史編曲)
2部 Meets “WEST SIDE STORY”
「ウェストサイドストーリー」(L.バーンスタイン作曲)よりシンフォニック・ダンスほか
◆指 揮 秋元 辰一 (当団常任指揮者)
◆司 会 中島 美華
◆お問い合わせ 代表 山下 一成 〈℡〉090-7329-4964  clairwind@gmail.com

c0005988_19260160.jpg
c0005988_19261089.jpg

[PR]
by isseiy2k | 2017-06-03 19:30 | 演奏会 | Comments(0)